その9
木更津食べ歩き(その9)  木更津食べ歩き(その8)  木更津食べ歩き(その7)
木更津食べ歩き(その6)  木更津食べ歩き(その5)  木更津食べ歩き(その4)
木更津食べ歩き(その3)  木更津食べ歩き(その2)  木更津食べ歩き(その1)
しばざ記(最新インデックス)  しばざ記・ブログ版  俺たちのHP(パート2)
どもども。幕張ベイタウンという街に住んでいる通称「幕張のおじちゃん」こと、Zakiです。
私の実家の木更津を食べ歩いてます。でも、高級店は行けません。(笑)
基本的には初めて行った店のみを掲載しておりますが、ダブって掲載している店もあります。
2014年2月24日 Zaki


 -- さくいん --
| としまや弁当(3)  | 豚39  | 大輝  | 居酒屋ゆき |





としまやミックスが旨い


9月11日、午前6時前の「としまや弁当」(木更津新宿店)。
これから渡船で釣りに出る人がちょこちょこ買いにこられている。

としまやと言えば、なんたってチャー弁ことチャーシュー弁当。
久々にチャーシュー弁当と思ったのだけど、初めての「としまやミックス弁当」にする。
この「しばざ記・木更津食べ歩き」でとしまや弁当は三度目の登場。

本来はリピートがあっても出来るだけ一度だけの登場にすべきなんだろうけれど、いやそういう方針なんだけど、ついつい三度目もアップしちゃうね。

ま、そんな厳しいルールはしてないつもり。
どうでもいいか。(笑)



調理のおばちゃんから「これからイカを揚げるので20分くらいかかるよ。」と言われたが、揚げたてのイカフライが食べられると思えば、それはそれで嬉しい。
注文して、お金を払ってから船着き場の釣りを眺めて時間を潰した。



そうそう。
弁当を注文すると味噌汁が一杯無料。
セルフなのでたっぷり。

ああ、この味噌汁、すごく旨いんだよね。
具もたっぷり。
手づくりならでは。

としまや弁当・木更津新宿店は船溜まりに隣接している。

そこを通り過ぎると赤い橋がほぼ正面に見えるスポット

暫くして戻る。
弁当は完成していた。

出来上がった弁当を取りに行き、船着き場へ再び行き、ベンチに座って、釣りを眺めながらアツアツのイカフライの載った出来立ての弁当を食べる。



うひょー、旨い。やっぱ出来立てはいいね。

これ、スーパーで売ってる弁当よりも、ほか弁系の弁当よりも、なんというか、キッチュな味というか、B級感、ローカル感がたっぷりで、すげえ旨い!!
涙出そうになるくらい旨いわ。

2021.9.11

▲このページの先頭へ





豚39のあまりのすさまじさにノックアウト


3月14日、14時14分、現地。

うわー、まだこんなに並んでいる。
凄い人気なんだね。

とりあえず一番後ろに並ぶ。

並んでから暫く誰も来ない。
つまり私が一番後で、その後に来た人はちょっとしか並ばなくても入れる。

うわー、一番損な時に並んでしまった。
しかし、しょうがない。
そういう時もあるよね。



この路地の南の方面には三孝と、山孝があり、その向こうの大きな建物は旧そごうのビル。
つまり、与三郎通り。
かつての木更津が栄えていた頃、みまち通りと並んでこの道が一番栄えていた。
パチンコ・アポロもあったし。

今じゃ哀しいかぎり。
あ、でも、山孝なんて結構人気だし、この豚39のお陰で賑やかになるかも。



路地の北端を出たところには森田屋本店がある。

今日はお客さんがいるのかな。
一番最後に入ったのは5、6年前だけど、その頃2回ともお客さんは私以外に誰もいなかったと記憶している。



量は迷うところだな。
麺は普通だったらイケると思うのだけどね。

豚は1枚でいいよね。

野菜はどうなんだろう。
増しは無理だとしても...。



食券を買った後に、このようなオーダーシートを渡され、それぞれを指定する。

殆どを普通にしたけれど...。
果たしてどうなんだろうね。



約40分待って、店内へ。

カウンターの席に座る。

思った通り、ワタシのあとに並んだ人はほぼ5分だけで中に入れた。
私と同時に入った感じ。

なんか損した気分。
その後入ってきた3人組はまったく待ち無しだった。

うううう。



でた〜〜〜〜っ!!!
まさかの超大盛り。

少しは覚悟していたのだけど、麺量普通、野菜量普通でこれっす。
うわー、驚いた。



特にこのチャーシューの大きさ、厚さ。
凄いね。
たまらん。

さて、どこから手をつけて良いのかわからん。
とりあえずまずは野菜を少し食べなければ、麺にも到達しないし、スープも飲めない。



あ、このニンニクの量もハンパじゃない。

ニンニクは、無し、マシ、マシマシの3択しかないので、マシを選んだが、これはやり過ぎだ。
卓上にニンニク醤油みたいなものがあったので、敢えて無しでそれをちょいと加えればよかった。

ああ、しかし果たして食べられるのか。

まずは野菜をある程度減らす作業に入る。
がむしゃらに野菜を食べ始める。
適度なシャキシャキ感があって旨い。

旨いけれど、麺を早く食べたい。
少しずつ麺の発掘作業。

おー、出てきた、出てきた。
うん、なかなかいいね。

太くてやや固めの麺。

スープもやっと飲めた。
旨い。

思い出すね。
これこそ二郎の味だ。
本格的な二郎がやっとこの木更津にもオープンしたのだ。

感慨深いね。



さて、野菜を半分くらいをどうにかやっつけて、麺を引っ張り出し、麺の下に野菜を入れた。
ふうふう。
結構大変だった。

そして、なんというか、でかい豚と野菜でもう腹いっぱい。
やばいやばい。
本当にこれは食べ切れるのであろうか。

旨いんだけど、もう腹いっぱい。

もう限界。
いやいや、まだ行けるか。

だいたい全体の3分の2程食べたところでギブアップ。

ごめんなさい。

スタッフさんにお詫びをしたら、笑顔で「どうぞ、お気になさらないで。」だったかな、予期せぬ上品な言葉遣いの回答があった。

恐縮です。

こんなに美味しいのにもうだめって、やはり老人の体になってるということだな。
こういう残し方をしたのは生まれて初めてかも。

食品ロスの撲滅を掲げている私にとってはとても悔しいのだ。



この状態で終わり。

もうちょっとだけ食べたかな?
いずれにしても悔しい。

追記:
まあ、なんたって六十余歳の私のリポートなんで、お若い方ならペロリなんでしょうなあ。
なので、あまり参考にならないかもしれない。
この感じだと、ワタシは生涯ジロー系は食べられない体になってしまったのかな。
そう考えると悲しい。
体調を整えて、あと一度くらいは本家の三田で、いや、大久保でもいいか、チャレンジしてみたいものだ。

2021.3.14

▲このページの先頭へ





大輝のブラックラーメン


2月21日 日曜日

木更津に本格的な二郎のインスパイア店の「豚39」という店が出来たということで、数日前に住所を頼りに現地に行ってみた。ほほう、なるほど。

で、今日はちょっとすっかり遠ざかってしまった二郎の味を楽しみたいと思いつつ、幕張からやってきたものの、なんと夕刻の17時前に到着したら、あらら、「準備中」の札。
えー、売り切れなのか...。
ちょっとふくよかなおねえさんが掃除をしたりしているのが見えたので、お訊ねしたら、「スープが切れたので閉店しました。」ということ。

あらぁ、残念。

人気店なんだね。
また違う日に来たいな。

ま、残念だけど、ワタシには押さえがあるのだ。
みまち通りの入口のところにある木更津ラーメン「大輝」。
そこも気になっていたのだ。

気を取り直して、向かう。

そして店内へ。

店舗は、以前ニュー東京だったところ。

居抜きなのかその前の店と店内のレイアウトは殆ど変っていない。
ただ、テーブル席を廃し、背中合わせの2列のカウンターのみにしてある。

そのほうがたくさん入れるね。



初めての店なので、自分ルール的に、その店のスタンダードなブラックラーメン (750円+税)をチョイス。
750円は良心的だなと思うけれど、税込になると825円。
なんか高いなあという印象に変わる。(苦笑)

店内に先客はゼロ。
カウンタ内は若い男女で切り盛りしている。

注文して待っている間に男女のカップルさんが入ってくる。
更に私のラーメンが到着する直前に若いカップルさんもうひと組。

おお。そこそこ人気があるみたいだな。

チャーシュー丼 350円+税も食べてみたい。
今度ね。



来た〜っ!!
ブラックラーメン。

確かに黒い。

でも、キャッチフレーズのように色は真っ黒だけど、意外にあっさりしている。
うん、旨いわ。

スープの中に混じっている乾燥タマネギみたいなものもいいね。
その他、夢中で食べてしまって細かい分析は出来てない。



麺はちょうどいい太さとコシ。
なかなかいいねえ。



チャーシューも美味しい。

うん、ここはちゃんとした味だ。
当然リピート有り!!

ご馳走様。

怪我の功名だが、本当に美味しいラーメンだった。
よかった、よかった。

2021.2.21

▲このページの先頭へ





居酒屋ゆきでカレー


2021年1月13日

證誠寺橋。
かつての16号なんだよね、この通りって。

右のこんもりした森が證誠寺。

かつては観光地っていう特異な光を放っていたのになあ。
なんかいつの間にかすっかり廃れてしまったように思える。

この橋の南側の袂にひっそりと佇む居酒屋ゆき。
ひっそりとというよりは、何かの建物の一部を間借りしたような感じかな。



ここが居酒屋「ゆき」の外観。
以前から行きたかった。



ランチメニュー。



中はこんな感じ。
カウンタだけで、6人くらいでいっぱいになる感じ。

いいねえ。
夜、来たいなあ。

先客ゼロ。
つまり私とゆきさん(でいいのかな?)の二人だけ。

えーと、野菜炒めもいいけれど、カレーにした。
550円(税込み)というお値打ち価格。



おお。ちょっと黒っぽいカレー。
ひと口。
うん、コクがある。
オリジナルだね。

スパイシー。
このくらいが好み。

具もたっぷり。
としては大きな肉が2つあった。
牛かな?

わー、旨いねえ。
いいねえ。

次回は違うものを食べてみたいが、カレーでもいいね。



なんと、味噌汁付き。

これも旨い。
ちゃんとした味噌汁だな。
おふくろの味という感じ。

有難う。
ご馳走様でした。

これで550円はほんと、奇跡のお値段。
嬉しい。

もちろん機会があったら居酒屋モードにも訪れたい。

2021.1.13

▲このページの先頭へ





木更津食べ歩き (その9)

このページより古いリポートについては以下をご覧ください。

木更津食べ歩き (その8)

木更津食べ歩き (その7)

木更津食べ歩き (その6)

木更津食べ歩き (その5)

木更津食べ歩き (その4)

木更津食べ歩き (その3)

木更津食べ歩き (その2)


木更津食べ歩き (その1)



 -- さくいん --
| 豚二郎 | 木更津タンメン | とり竹 太田店 |  | 剣寿司 | 明月苑 | くわま | 丿貫 | 東屋菓子舗 | 大勝軒 | 麺屋天下一 | ヤマト醤店 | あたりや | 竹岡らーめん・バイパス店  | やまや  | IDOL |
| 串屋横丁  | かなめ  | 山岡家  | らーめん道 | 月影 | さぼーる | さかなや くろ | 坂内 | 竹岡屋 | 木曜舎 Vert Fonce | 麺のマルタイ | お富さん(富士見店) | 西山家 | 金龍 | モンド | カルカッタ | 闘魂ラーメン | 栄ラーメン | 味平 |
| まいど | こよう | 友里 | フクミ | 瀬里加 | モンシェリー | 肉入り餃子 | やまだ | ロイヤルガーデンホテル | ニュー更科 | ラーメン大将 | 鳥新 | 富士見ラーメン | 池田屋食堂(2) |ジョイフル | カフェマコーラ | 一幸・ほたる野店 | 老舗が続々閉店(泣) | 正凛亭 | パスタ食堂 源七 | 大松や | 竹家 | 魁力屋 | みよちゃん  | せんべろ | 竹岡ラーメン・清見台店 | 吉充 | じゃんじゃん亭 | 栄家(中華) |
| からやま | 伝丸(2) | グラッチェガーデンズ | 森田屋本店(2) | まろね | 幸楽苑(2) | デニーズ | たく | じゃむ | 林家 | レストラン・ザ・テラス | 三孝 | 浜屋 朝日店 | よこた | みなみ | 幸春 | どでかっちゃん | 安兵衛 | 丸亀製麺 n回目 | うた屋 | RAKERU | しげ | とりうみ | きよみず | 中中 |
| かつ重 | しゃぶ葉 | ジョリーパスタ | 市場食堂 | 元祖木更津いか焼き | としまや弁当(2) | とんかつ ゆきえ | 道とん堀 | かつ波奈 | 山孝食堂 | 木かげ | かつや | つじ久 | 宝家 | 夢庵 | 石井商店 | 君寿司 | 珈琲館 | はせ川 | 松屋 | 春日精肉店 | 龍門 | いせもとCafe | 浜長 | 清川食堂 |
| プレシャスビュッフェ | 金子半之助 | ふじや そば店 | トルー イオン木更津店  | やきとり天狗 | 高倉農産物直売センター  | 栄家 | こばやし | 一茶庵 | やきとり仁太坊 | 寿々 | 木村屋食堂(中華) | 味噌屋八兵衛(ラーメン) | うおせい | 長楽 | としまや弁当 | すき家 | キング・バーベキュー | 春日精肉店 | ビッグボーイ | はま寿司 | やまちゃんラーメン | 眞味 | 日進軒 | くーろん | 安楽亭 | ゆで太郎 | 磯あそび |
| みず野(そば) | 一心亭(牛タン) | 赤ちょうちん(その2) | 七火屋 | 木更津やきそば | みうら(焼きそば) | ガスト 木更津中央店 | 池田屋食堂 | 魚や(ととや) | 篠田そば店 | みちのく(白河ラーメン) | ステーキ 宮 | ワンちゃんラーメン | 森田屋本店(そば) | 吉野家(牛丼) | ラーメンハウス再訪 | SLそば・今季二度目 | 森田屋(コロッケ) | 木更津SLつけ麺(その2) | ラビン(純喫茶) | ラーメンハウス | ニュートーキョー(中華) | 朝日屋 | 三好家・今季二度目 | 内堀食堂 | 三好家(豆大福) | 美華房(創作中華) | 幸楽苑 | 東洋(中華レストラン) | 久々の丸亀製麺 
| 竹岡ラーメン 太田店 | 江戸沢(ちゃんこ) | スシロー(その2) | 俵や | 華連 | ぱくぱく(つけ麺) | SLそば | いずみ食堂 | とんでん | スシロー | 富士屋(ラーメン) | くるまやラーメン | やまと(回転寿司) | 竹岡屋(ラーメン) | ながまた(ラーメン) | 福泰酒家(中華) | KAVACHI(ライブハウス) | 赤ちょうちん(炉端焼き) | 木更津SLつけ麺 | 富士見亭(焼きそば) | 活き活き亭(海鮮網焼き) | あのう吟水 | どでかっちゃん | 牛角 | 中橋食堂 | 木曜舎 本店 |

▲このページの先頭へ





木更津食べある記
しばざ記 特集ページ
2021年1月〜
■ 最新の「しばざ記」はブログ版をご覧ください。
■ ご意見などは、メールにて。
■ HOME ← しばざ記 トップページ