還暦間近な老害予備軍による戯言
ブログ的なページですが、自分向けの備忘録の色合いが濃いです。すみません。
筆者は幕張ベイタウン在住のおやじ。いや、もうじじいの領域か。がははは。
しばざ記
しばざ記(最新インデックス) しばざ記(INDEX-38)  しばざ記・ブログ版  俺たちのHP(パート2)
「佐藤・・・旨すぎる。」
火急の要件ではないが、深夜立て続けに数人の方と電話のやり取り。気がつけば午前2時をまわっていた。うーむ、酒が飲みたい。あ、こんなのがあった。(笑)


3月17日 金曜日
深夜2時半。いや、もう3時かな。

目が冴えて眠れなくなっている。
昨晩もそんなに寝なかったので、かなり寝不足。

運送業界の残業時間が云々、睡眠時間が云々という話題になっている。
もちろん残業時間が長くて、睡眠時間が短いという話題。

その大きな原因が再配達。

やっとそのことがポピュラーな問題として取り上げられたか。

私は酒屋のバイトをやっていた二十歳の時にもう気づいていたぞ。
そう再配達がとんでもなくエネルギーを無駄にしているのだ。現場の労働者が過酷な労働を強いられているのだ。

あ、そういうことを言おうとしたわけじゃない。
私は今運送業界にいるわけではない。
単に単価のお安い下請け仕事をしているから、即ち単価×時間で、たくさん仕事をしないと稼ぎにならないから長時間労働をしている。情けないのだ。

しょうがないなあ。

で、こんな時刻。(笑)

そんな時には酒を飲むしかない。

で、ふと思った。

そうだ、そうだ。
佐藤があった。

佐藤は私にとってはとんでもない高級焼酎。
一升瓶だと15,000円以上する。
手元の佐藤は720ml。
それでも5千円くらいはする。
ちょっといい感じの芋焼酎だと720mlで1,000円くらいだから、その5倍くらいの高値なのだ。私にも非常に勿体ないのである。

それを惜しげもなく開けちゃうよ。
そして飲んじゃうよ。

あ、上の写真の時計は午前2時前なんだけど、実はこの頃から(約40分くらい前から)色々考え込んで、悶々としつつ、この佐藤を飲むか飲まないか考えていた。

皆さん、すみません。
本当は皆さんと飲む筈と決めていたのに・・・。



ストレートで頂く。

いや〜、旨い。
なんというか、柔らかい。

そしていい香り。
芋焼酎のクセが抑えられているね。
わんだふるなのだ。

今、ネット観たら、魔王のほうが少し安いんだね。
逆に言えば、佐藤、凄過ぎってことだな。
すみません。

2杯くらい飲んだので、あとはご近所さんに早々に振る舞いたいと思う。

実はこの佐藤、頂いたのは昨年8月のベイタウン・ジャズ・ストリートの時。
見知らぬご夫婦が私に近寄り、「毎年こうして素敵な音楽を楽しめることに感謝してます。」とおっしゃり、その御礼として頂戴したのだ。もちろん、ちょこっとだけ(笑)丁重にお断りしたんだけれど、引込めている手とは別の不思議な手(きっと神の手)が、いつの間にかこれを受け取っていた。きっと世間の収賄事件などはこういう状況で発生するのだろうな。面目ない。(笑)

ただ、受け取るときに「じゃあ、みんなで頂きます。」と言ったので、それはもちろん必ず守ります。

なので、ずっとその機会を半年以上も待っていたのであります。m(__)m
それよりも、ご夫婦のお名前をすっかり失念してまして、未だにちゃんと御礼が出来ていないのです。誰かご存知でしょうか。

私はあの時本当に嬉しかった。感涙でうるうるです。

ベイタウン・ジャズ・ストリートと銘打って昨年で16回。皆さんに喜んでもらえればという気概で続けてきました。思えば色々非難されたり、揶揄されたり、割合大変だったです。もちろん、ずっと協力してくれた仲間達、アーティストの皆さん、商店街の皆さんのお陰でここまでやってきたのですが、佐藤を頂戴した時に報われたような気分になりました。へへへ、佐藤そのものも凄く嬉しいです。本当に有難うございました。

話は変わるけれど、2006年の一番最初のベイタウン・ジャズ・ストリートの出演者だった栗本修、宮原永海、ヒロ川島のお三方にそろそろ今年再々登場して頂きたいな。

がーん。
なんだかんだやってたら3時半過ぎ。
果たして、朝はマトモに起きられるだろうか。
ちょっと無理っぽいな。
仕事もはかどってないし。(泣)

2017.3.17

▲このページの先頭へ





少し春らしくなった


午前11時少し過ぎ。ベイタウン内で打ちあわせ。
12過ぎに戻る。
いい天気だ。
気温も徐々にアップする。
最高気温は15度くらいになりそうだ。



バレンタイン通りの空気も春のそれ。
なんかそんな感じ。



16番街の一番桜。



さあ、戻って仕事だ。

明日は皆で遠出するので、今日のうちに大方の仕事を片付けておかねばならない。
頑張ろう。
明日も天気は良さそうだ。



14番街前の桜並木の桜はこんな状態。
雰囲気的にはあと一週間くらいで咲き始めそうだ。

お。メジロのつがいが私の目の前を飛んでいった。凄い勢いで、メジロだという認識は出来ていない。ただ、あの大きさ、そして色合いからメジロしかないだろうと思っただけだ。

メジロは、ちっこいし、すばしっこいし、今までマトモに写真が撮れたことがない。

今回もまったく呆気に取られる速さで、写真に収めるなんてまったく想像だにしない。(笑)
だいたい、動体視力はまったく弱くなてっている。止まっている被写体でもピンを合せるのが至難の技。写真なんてもうやめたほうがいいレベルだ。いや、それはマジで。MFだとちゃんと合焦している写真が10枚のうち2枚くらいだ。情けない。

野鳥をたくさん撮ってる人って機材も凄いんだけど、腕前も凄いなといつも感心しているのだ。

右はWikipediaから。
こんなにちゃんと撮れるのは憧れ。
可愛いもんだよね。

本当のこと言うと、憧れているものの、最初から諦めているから真剣に狙ったことはない。



昨夜のベイタウン商店街の理事会を受けて、ベイタウン朝市のポスターをつくりました。
開催日は4月15日 土曜日の8時から13時までです。
抽選会はなんと100本以上の当たりがあります。
音楽ライブがあります。
出演は、Kiyoo+さんしんJiroと、高橋亜弓美トリオ(杉山太郎 g、有水淳 p)です。
どんぐり茶、どんぐりクッキーの試食もあります。
もちろん入場無料です。皆様、是非是非遊びに来てくださいね。

おっと、その1週間前の4月8日は第6回ベイカルです。
そちらもよろしくです。

うわぉ。4月も色々なスケジュールでパンパン。
(実はシークレットライブなんかもある。)

まだ先だけど、5月3日の食楽ICHIBAにSaori Project ・スペシャルバージョンが出演。さおりんのバックは松岡信二バンド(仮称)がやってくれる。非常にクオリティが高い素晴らしいライブになりそう。皆さん、是非是非行きましょう。たぶん夕方頃。

うわー。今、大竹まことのゴールデンラジオ聴いてるが、室井祐月。酷すぎる。なんだこのバカ女。知ったかぶりして人の喋るところに全部出しゃばっている。つうか喋りたがりだ。放送事故だ。言ってることのレベルが低すぎる。頼むからもうメディアに出さないでほしい。

そこゆくと、昨日の吉田照美のサルバドーレにムロリンの代わりに出ていた鳥居みゆきは間違いなく面白い。いやぁ〜。実にいいね。美人だしね、彼女は。

おお。今日は井上陽水がゲストだ。
真剣に聴いちゃおうっと。

午後4時40分。
3時過ぎた頃から雲が出てきて、4時過ぎには空が一面厚い雲で覆われた。
雨は降らなそうだけど、暗い。
井上陽水、良かった。
さすがだよね。素晴らしい。

おもしろかったのは、陽水は有名人と会うと緊張するという話。初めて桑田(サザン)と会ったときも近寄ってくる桑田に緊張したらしい。もちろん陽水のほうがだいぶ先輩なのにね。(笑)
同郷であれだけ親しくしているようなタモリに会うときもいつも緊張するらしい。
見た目はそうでもないかな、なんて思ってたんだけど、意外に可愛いね。陽水。

さて、明日の準備をしないと。
まずはATMに行ってと・・・。

用意するチケットは以下の2枚。(これは備忘録として・・・)



残念ながら星野さんが風邪の為に欠席になってしまった。
じゅんちゃん、こばちゃん、星野さん、またの機会によろしくです。

もちろん、次回また募集です。我々と一緒に大人の遠足に行きましょう。
例えば思いがけず3人が都合でキャンセルになってしまいましたが、チケット2枚でマックス10人で行けます。割り勘なので、お一人様2,370円です。如何でしょうか。



おー。今日は卒業式だったんだね。
そうか、そうか、そういう時期だった。



今夜はこれ。
出来るだけ早く寝たい。
やることが山ほどあるから、どうしようかなあ。

2017.3.17

▲このページの先頭へ





大人の遠足 (沼津編 / 予告)


3月18日 土曜日
現在未明の5時55分。快晴。空には雲ひとつない。
うしし、よかったよかった。
あと1時間ちょっとしたら駅に向かう。
その前にデリヤマで集合かな?

あー、しかし、またまたあまり寝てないよ。
昨夜就寝したのは2時過ぎだもんなあ。
起きたのがちょうど5時だったから賞味2時間弱の睡眠。

ま、今日は仕事じゃないので、いいね。(と、自分を納得させる。)

起きて、そしてシャワー浴びて、準備万端・・・の筈。
でもなあ、ポカやりそう。

大人の遠足と題しているが、遠足前夜のこどもの頃の気持ちだな。
わくわくどきどき。(笑)

今、静かにコーヒーを飲んでいる。
おっと、沼津漁港で入りたい店のチェックしなきゃね。^^

ところで、昨日、仕事しながらしかし一所懸命ビートルズの「Run For Your Life」の歌詞を覚えようとしていた。なんかあったときに、ぱっと歌えるようにと思って。

初期の頃のビートルズは中学や高校の時に意味も分からずになんとか音で覚えた。でも、今は記憶力が悪いので、今朝目覚めて、メロディを頭の中で鳴らしていたのに、歌詞がさっぱり出てこない。せいぜい「You better run for your life if you can, little girl」のフレーズだけ。まいったなあ。まあ、日本語の歌詞だって全然覚えないので無理もないよな。

ジョンレノンは以下のように言ってる。(ネットからの書き写し)
「僕の曲の1つで、いわゆる書き殴りってやつ。この曲を好きになった事なんて一度も無い。ジョージの為の曲さ。『他の男といっしょにいる君を見る位なら、君の死んだ姿を見た方が良いよ、僕のかわい娘ちゃん』というラインはプレスリーのオールド・ブルースからとった」

Run For Your Life

Well I'd rather see you dead, little girl
Than to be with another man

You better keep your head, little girl
Or I won't know where I am

You better run for your life if you can, little girl
Hide your head in the sand little girl
Catch you with another man
That's the end ah little girl

しかし、この曲、いや歌詞、凄いよね。
恐ろしい。
こういう男が犯罪をやらかすんだよな。
この「ラヴァーソウル」の頃のジョンの歌詞って他の曲でもちょっとクセがある。
ま、いいか。

「Run For Your Life」は、今日の「大人の遠足」の東海道線、電車の中でこっそり練習しようっと。もちろん、脳内トレーニング。こうやってまた一から少しずつビートルズの曲を歌えるようにリハビリしてゆこう。今、おそらくフルコーラスで歌える曲は一曲たりとて無いのだ。お恥ずかしい。そう「Let It Be」だって怪しいし、「Yesterday」もどうなのかわからん。

おっと、「What a Wonderful World」(ルイアームストロング)も暗記しておかねば。



午前7時20分。幕張海浜公園。
急ぎで駅に向かっている。

澄んだ青空。
少し寒い。

2017.3.18

▲このページの先頭へ




毎度、「しばざ記」にお越しくださいましてありがとうございます。
何のお役にも立たないツマラナイ内容ですが、お時間があれば、隅々までご覧ください。


<<< 前の記事
しばざ記 No.1900
次の記事 >>>

しばざ記(最新インデックス) しばざ記(INDEX-38)  しばざ記・ブログ版  俺たちのHP(パート2)






第39回ベイタウン朝市 開催概要(仮)
開催日時  : 4月15日(土) 8時〜13時
会 場  : ベイタウン・コア横の広場 / 入場無料
小雨決行/雨天の場合は内容を変更、または規模を縮小して開催。
荒天は中止。
内 容  : 産直新鮮野菜、品質第一の水産加工品、美味しい菓子、パンなどの販売、千葉の誇る激ウマ模擬店など、40店舗以上の個性派のお店が並びます。
どんぐり茶とどんぐりクッキー 無料(先着になります)
 当日会場でお買上の方に限ります。
大抽選会!(10時からを予定しています。)
 当日会場でお買上の方、または抽選券をお持ちの方に限ります。
音楽ライブ &フラ
 出演: 清郎、オハナ・ワカ・フラ・スクール、ほか
* 都合により内容が変更になる場合もあります。予めご了承ください。

ベイタウン朝市のページ
http://www.baytown-mall.com/event/baytown_asaichi.htm

主催:ベイタウン朝市実行委員会 / ベイタウン商店街

▲このページの先頭へ







幕張の都市の魅力、そして海と畑と、周囲の豊かな自然を満喫し、文化や情報と共有しましょう。誰でも講師。ご参加は自由。もちろん仲間になるのは無料です。各種講座、料理教室やミニコンサートのイベントを毎月開催する予定です。
ベイタウンぱれっと 代表 佐藤ともこ
ベイタウンぱれっと・オフィシャルページ= http://www.oretachi.jp/palette/

▲このページの先頭へ






茂野製麺の新商品は、食塩を使わない「そうめん」、「うどん」、石臼挽きの常陸秋そば粉を使った「贅沢ざるそば」の3品。いずれも原料と製法にこだわり、高級そば店で食べるような贅沢な味です。上の写真は「贅沢ざるそば」の調理例。右はパッケージ。是非ご愛顧ください。
同社の「しげのオンラインショップ」は、そば(日本そば)、うどん、ラーメンなど、豊富な品揃えの千葉県鎌ケ谷市、茂野製麺株式会社のサイトです。ご贈答などの組み合わせも自由なセットもあります。
茂野製麺は千葉を代表する「食」の企業。その発信力は全国区であり、世界にも名を轟かせています。
ベイタウンラーメン」の製造元でもお馴染みです。

http://www.shigeno.co.jp/

▲このページの先頭へ




毎度、「しばざ記」にお越しくださいましてありがとうございます。
何のお役にも立たないツマラナイ内容ですが、お時間があれば、隅々までご覧ください。


2017/3/17〜18
しばざ記 1900-HP版
■ 最新の「しばざ記」はブログ版をご覧ください。
■ ご意見などは、メールにて。
■ HOME ← しばざ記 トップページ

<<< 前の記事
次の記事 >>>
神田まつや オフィシャルサイト 茂野麺紀行 俺達のホームページ・パート2