還暦間近な老害予備軍による戯言
ブログ的なページですが、自分向けの備忘録の色合いが濃いです。すみません。
筆者は幕張ベイタウン在住のおやじ。いや、もうじじいの領域か。がははは。
しばざ記
しばざ記(最新インデックス) しばざ記(INDEX-39)  しばざ記・ブログ版  俺たちのHP(パート2)
「エアレース 2日目」
気になってしょうがないので、仕事を抜け出してちょいと現地に行ってみた。
たまらん暑さ。それ以上に熱気ムンムン。


6月4日 日曜日
真夏のようなベイタウン。バレンタイン通り。
普段と変わらないベイタウン。
いや、なんか人がぞろぞろ歩いている。
エアレースに行く人、戻る人。そんな感じかな。

私は基本的に仕事。
出来るだけ仕事場から外に出ないようにしないと仕事が終わらない。

でもそうだな、仕事が手につかない。
昼過ぎ、しょうがないので、散歩がてら、見物に行くことにした。



TKU!!
たまごかけうどん。

茹で上がったうどんを器に移し、たまごをぽんと落とし、そして醤油をちょっと垂らし、ぐちゃぐちゃにかき混ぜただけ。

うん、こりゃうめえぞ。
うどんは茂野の食塩無添加のうどん。
乾麺のうどん、つるつるがたまらん。

あ、これ、釜玉うどんだな。
ということは、KTUか。(笑)



結局、なんだかんだと14時過ぎに家を出る。

ピーカンの天気。
帽子かぶってくりゃよかった。



海沿いの歩道も人が多いよ。



ここがエントランス。

そういえば、ここまで歩いてきてもなんにも飛んでいない。
飛行機の音もなんにもしない。
なんか別のアトラクションをやっている。
わけのわからんBGMとMCがガーガー鳴り響いている。



帰る人が多いね。



さて、帰ろうと思った時にデモンストレーションだと思うけれど、曲芸飛行が始まった。
無料でも結構楽しめるじゃん。

ただ、写真はちゃんとした望遠レンズのカメラじゃないと厳しいね。



ニアミス?(笑)

遥か先に飛んでいるジェット旅客機がいかに大きいかということだな。



振り返ると、会場に一番近いマンションの住民さんが観ているよ。
いいなあ。

そういえば、一昨年はなっきーさん宅で見学させてもらった。
でもやっぱ距離があるよね。




さて、帰ろう。
結構楽しめた。

帰る時に知り合いに何人も会った。
私のようにチケットは買わずに散歩がてらに来られたみたい。

野菜販売の早川さんもいらっしゃった。



あれ。
こんなのも飛んでるよ。
昔の旅客機。

小型といっても旅客機が比較的低空をゆっくり幕張の空を旋回している。
ゼロ戦もそうだけど、こちらも凄いわ。
素晴らしいね。



2周目の旋回。

西村さんが、これ、DC-3だって。
そうだ、そうだ。見覚えがある。

交差点のところで竜ちゃんに会った。



約1時間後の15時少し過ぎに帰宅。



おー。PaPaBANDの太田さんがこんな写真。
素晴らしいね。
これって、APAホテルとかそんなところからの撮影なんでしょうね。

太田さんつうか、Jackさん、何気に写真上手いよ。
ギターもキーボードも上手いし。

基本的に物凄い才能を持った人なんだろうね。
羨ましい。


<速報>
空のF1で日本人パイロット室屋が母国で連覇達成!

2017年06月04日 16時29分 THE PAGE


最高時速が370キロとなる3次元のモータースポーツ「空のF1」と称されるレッドブル・エアレースの千葉大会の決勝が4日、千葉市の幕張海浜公園の全長約4キロの特別コースで行われ、日本人パイロットとして、ただ一人シリーズにフル参戦している室屋義秀(44、Falken)が連覇を果たした。

ほほう。凄いね室屋。
おめでとう!!

いずれにしてもレッドブル・エアレース、素晴らしい。
個人的には有料エリアに入って観られないのが悔しいけれど、でもでもまた来年もやってほしい。爆音で苦情が殺到していることも勘案して、多少でいいから住民サービスしてくれると嬉しい。(笑)

確かにうるさい。興味が無ければね。
だから身内に興味のある人をどんどん増産すりゃいいのだ。
エアレースが近所で開催することで絶対に幕張の資産価値はアップしている筈だ。

2017.6.4

▲このページの先頭へ





打ち合わせと称する飲み会


いつもお世話になっている業者さんとの親睦会的な飲み。
ここはうるさくてしょうがないが、ごくごくたまに奢らせて頂く場合は、安い店ってことでご勘弁。
すみません。

あー、金夜から今日まで続けて飲みに出ているなあ。



いつものようにキャベツ。
ここはこれがお代わり自由なのだ。
箸休めにこれをバリバリうさぎのように食う。(笑)

うさぎじゃ例えが可愛すぎるか。(笑)



ももをタレで。
これが同店では一番好きかな?



ジンビーム。
旨いんだかなんなのか分からないな、これ。(笑)
ビールよりも胃袋に優しい気がして。(笑)

その他はカメラお休み。(笑)

馬鹿話に花が咲く。



シメのラーメン。
豚骨&魚介ということだ。

どろっとしていて旨い。
280円だったら確かに安いな。

だけど、小ぶりだよ。



麺はまあ普通かな。

ラーメンはこの店でいっぺん食べてみたかったので夢が達成できた。

しかし、日曜日ということもあって子供連れのファミリー飲みが多かったな。
我々の隣のテーブルもそうだったが、気を使ってしまうね。
ちょっとだけ。(笑)

ご馳走さん。

たくさん食べたものの、飲みが足りないな。



ということで帰宅する前にこれを買って、例のように焼酎を入れて飲む。
旨いっす!!!

そういえば、帰宅するときに、公園通りをエアレースの会場に展示してあった飛行機を小型のトラックがけん引していた。翼を外すとまあ当たり前だとは思うけれど結構コンパクトなんだね。



酒井さんは今日もエアレースの写真を撮っていた。
その中の一枚。
ゼロ戦だ。

いいね、いいね。

逆光で多分苦労されているようだ。
一応私のほうで明るさとコントラストを調製させてもらった。





素晴らしい写真だな。
有難う。



すげえ。もうWikiにDC−3が幕張の空を飛んだことが出ている。

「腕時計メーカーのブライトリングは、1940年に製造されたDC-3A(HB-IRJ)の修復に出資し、『ブライトリング DC-3』として顧客を乗せるイベントの開催や航空ショーへの出張フライトを行っている。操縦系統はオリジナルだが、新しいアビオニクスを導入したことで計器飛行に対応している。」

だって。

2017.6.4

▲このページの先頭へ





元の静かなベイタウンに戻る


8月5日 月曜日
晴れ。
日差しは強いが、少し気温が低目。
いい気持ち。

と、言いたい。

しかし、ながら本来終わっている筈の仕事を引き摺ったままで少々気が重い。



買い物がてら散歩。
リンコスまで。

平日のお昼ちょっと過ぎ。
人もそれほど歩いていなくて静か。

昨日のお祭り騒ぎがウソのようだ。
寂しいのだ。



ベイタウンの中にはツバメがたくさん飛んでいる。



ケヤキ並木を歩く。



ヘアトップの前。

木陰が真夏っぽいな。



昼食は他人丼。
豚肉たっぷり。

2017.6.5

▲このページの先頭へ





静かな海


16時40分。出かけるときに海に立ち寄った。
昨日あんなに人がいた海岸とは思えない静けさ。



海を見えなくしていた壁も無くなっていた。
素早いな。

ツワモノどもの夢の跡、という感じ。

その後、検見川浜にて打ち合わせ。
某紙の下版直前の校正という段取り。
ちょっとバタバタとする。昨日の作文がOKになった。
備忘録 = Kiyooさんに連絡済み、みすずの伊東さんに連絡済み、サンズのテルさんに連絡済み、茂野さんからメール有、黒川さん保留、明日下版2点。

また最近生活リズムが乱れまくっているかも。
改めないとな。

それにしても数日前のロンドンのテロのニュース。
知人がロンドンに住んでいるだけに他人事じゃない。
恐ろしい。
今やどこでどうなるのか分からない。
カジノの放火も怖い。あれがテロなのかなんなのか分からないが怖い。

例のグルメンピック(日本最大のグルメの祭典)がやはり詐欺だったことが分かった。
関係者の4、5人が詐欺で逮捕されたという。
主犯格の3人は中学の同級生だったとか。
その3人がそれぞれ罪をなすり合っているみたいだ。
悲しいね。

集めた1億円以上の金が行方不明だとか。

いずれにしても非道い。

星野さんが大久保の二郎で味噌ラーメンを食べたリポートを。
二郎で味噌ラーメンというのは極めて珍しいのだそうだ。
さすがっすねえ。研究熱心。
豚マシというのが凄い。



焼きそば。
旨い。



中学の同級生からのメール。
お孫さんだって。

すげえ可愛い。
そして嬉しい。

有難う。

2017.6.5

▲このページの先頭へ





悪あがきのラン


6月6日 火曜日
晴れなのか曇りなのかよくわからない天気。
気温はやや低め。過ごしやすい。

遅れていた「はっぴーもーる」の下版が終わり、その後、バタバタとあれやこれややって、午後3時30分、初めて外に出た。海沿いを走るのだ。

ひょえー。体が重いぞ。なんだこりゃ。前に進まない。

すっかりなまってしまっている。
まずいまずい。

とにかく海まで走った。
そこでアウト。
口から心臓が飛び出しそう。

暫し、休憩。

帰路は歩くよりも遅いスピードで一応走った。
それも休み休み。

ああ、これじゃまずい。



朝めしのTKG九条ねぎ載せ。
時系列が逆。



昼食はこれ。
高カロリーだ。(笑)

2017.6.6

▲このページの先頭へ





真砂に今まで知らなかったそば屋があった


17時40分頃かな、例によって稲毛にお届けものが一件あって、今夜辺りちょっと飲みたいのもあってぶらぶら歩いてゆくことにした。ちょっと遠いが、運動不足解消だ。

いつもは通らないルートをわざと選んだ。
すると住宅街の中にぽつんとあるそば屋を発見。

シャッターは下りている。
お休みかなあ。
いやいや、最近やっている形跡が無いな。

あとで調べたら、食べログに登録だけされていてはいるもののレビューが無い。
別のサイトに一件だけレビューがあった。約1年前。
年輩の女性が一人で切り盛りしているとのこと。

うーむ、ということは一人じゃたいへんだし、ってことでもうやってないのかな。
それともランチタイムはやってるのかな。

もちろん店主さんにお会いしたことはないけれど、お元気でいてほしい。

それにしてもベイタウンからそう遠くないし、近辺は時々通っている。まさかこんなところにそば屋があるなんてびっくりだ。



真砂パブテスト教会。

こんなところに教会があるなんてことも初めて知った。



この八百屋さんは知ってたよ。
ニンジン1袋98円。泥ねぎ1袋118円。
安いよね。つーか、ねぎの値段しか相場はわからんが・・・。



正面は数年前に出来たマンション。
西日に赤く染まっている。

クルマが走っている通りはマリーナストリート。



旧オニオン新聞社のところの歩道橋から見た稲毛の風景。
この景色結構好きなんだよね。

今、オニオン新聞ってどこに行っちゃった?

https://onionnews.co.jp/

と、思って、今WEB見たら、なんと千葉中央の旧パルコの近くなんだね。
びっくり!!!
ちゅーか、すげえ。
儲かってまんなあ。(笑)

あー、でも寂しくなっちゃったな、この稲毛海岸のこの辺り。
ますます哀愁じゃん。

なんとオニオン新聞、木更津の真船にもあるんだ。
いいな。雇ってくれないかなあ。



3月1日リニューアルはわかったから早いところそのラッピング看板を剥がしてくんないかなあ。
どうでもいいか。(笑)

そういえば腹へった。



稲毛って、住宅街の中にこんな道があたりする。
畑も多いし。



京成稲毛駅。

用件があっと言う間に終了。
そりゃそうだ。

ということで、夕食がてら飲もう。
よし、あのラーメン屋に・・・。



あららら。
残念。お休みかあ。

もう1ヶ月半くらいだな。
ずっと気になっていた店だ。

店主さんが体を壊されたかな。
もしそうだとしたら、焦らずに養生して、そして完全に良くなってから再開してください。

三養軒 =
https://tabelog.com/chiba/A1201/A120104/12021309/

2017.6.6

▲このページの先頭へ





居酒屋? 定食屋? 韓国料理屋?


おおおお。
何、このお店!!
まったく知らなかった。

おでん屋の「柴ちゃん」の向かい側。
うーむ、見落としていた。

ということで、ここで夕食兼飲みをやることにした。(笑)



うわー。すげえレトロ。(笑)
先客はお二人。

入ってから分かったことに、どっちかというと韓国料理の店だった。
しかも、テレビで韓国のスターのニュースやってるし。

あれ?韓国の番組かと思ったらニュースの後に関根勤が出てきた。
韓国専用チャンネルじゃなかったんだ。

「BIGBANG最年長TOPさんの兵役が正式決定!」というニュースだった。
超偶然なのね。(笑)



とりあえずはビール。
韓国海苔がオマケ。(笑)



さて、何を食べようかなあ。w

一番上に書いてあるので、ハラミ焼肉定食にした。



奥に10人くらい座れる座敷があったよ。
掘りごたつ形式みたい。

座布団が韓国してるね。



約10分待ちで来た来た。
じゅーじゅーと音を立てている。



こりゃ旨いわ!!!
バッチグーっ!!!

日韓家ごはん 「新」(しん) =
https://tabelog.com/chiba/A1201/A120104/12003237/

2017.6.6

▲このページの先頭へ





コウさん死んじゃったよ(泣)

19時30分。某街の人通りの少ない商店街を歩いていた。商店街というよりは、ぽつんぽつんと商店がある程度。場所は特定されたくないので、伏せる。6月にしては風が冷たいからか、あるいは今日の仕事がどうもうまく運ばなかったということもあって、ちょっと感傷的になっていた。昼間曇りがちだったのに空には星が出ていて、月も煌々としている。

小さな木造の家。ひょっとしたら以前は商店だったのかもしれない。その前にワゴン車が駐まっていた。普通のワゴン車だけど、すぐにそれが葬儀社のクルマだと分かった。なぜならば、銀色の布団に包まれた仏様が、ずり落ちないように3ヶ所くらいバンドがかけられた担架に乗せられそのクルマの中に運ばれた。何故かご遺体は棺ではなく布団のままだ。

あれ?そういうことってあるんだ。でもなあ、この時間帯に出棺ということってないから、亡くなってすぐなのかな。まずは葬儀社の方がご遺体を引き取りに来られたのかな。通常はその時点で棺を用意してくるんだけどな。でもご遺体、物凄くスリムだった。スリムというよりはガリガリだった。お顔は見えないけれど、ご老人だと思う。我が父も1年の闘病で枯れ木のようになってしまった。そんなことを思い出した。

それですな、そんなシーンを見て、急に人寂しくなって、この辺りにお住まいのコウさん(仮名)の家に電話してみた。コウさんはどっちかと言えば小汚いおやじ。高田渡に少しだけ似ているかも。いや、雰囲気だけかな。高田渡って結構かっこいいもんね。

私が独立というか、今の仕事を始めた頃にお世話になった恩人でもある。大きな仕事ではないが、ちょこちょこと仕事をくださった。しかし、数年前から支払が滞りがちで、いつも支払の前になると体調が悪いと言って、連絡も取れなくなってしまう。3年前くらいに何度かの督促をして、そのままになっていた。ま、こちらとしてはそれで絶交という気持ちだった。でもでも、まったく連絡も無いので気にはなっていた。

電話に出たのが娘さんのしーちゃん。しーちゃんは若いときのあべ静江に似ているからという理由でそう呼ばれている。お子さん(確か女の子)がいらっしゃるが、残念ながら離縁されて実家でコウさんと暮らしている。電話に出たということはまだ独り身なんだな。もう四十代になったのかな。

軽く世間話。しかし、しーちゃんから衝撃的な言葉を聴いてしまった。
コウさん、亡くなったんだって。

暫く絶句。そうか。そうだったんだ。3年前だって。なるほど、それでまったく連絡が無かったんだ。享年67歳。ということは今生きていれば70歳だったんだな。若すぎるよ。せめて70歳まで生きてほしかったな。ご冥福をお祈りします。

その後、サイゼリアに入って安いワインでひとり飲み。居酒屋だとやりきれなくなってしまうからだ。ワインでもいい感じで酔ってくるね。

コウさんとは10年前に千葉駅の近くの酒場で酔っぱらってタクシーで送ってもらったことがあった。タクシーが私の自宅に到着した時に、「飲みが足らない!」とコウさんが言って、よく分からないうちにほぼUターンして、コウさんのご自宅へ。深夜の訪問で結局泊めてもらった。翌朝、物凄く気まずい空気の食卓。しーちゃんが鬼のような形相(失礼)で味噌汁をつくっている。コウさんは何にも言わないし。しーちゃんにはとんでもなく迷惑かけちゃったね。

そんなことを思い出しながらのサイゼリア。もう感傷的ではない。明日は少し仕事が落ち着いたから草刈りかな。明後日からまた予定が立て込んでいるし。



今夜のシェフサラダはしょっぱすぎだな。

2017.6.6

▲このページの先頭へ




毎度、「しばざ記」にお越しくださいましてありがとうございます。
何のお役にも立たないツマラナイ内容ですが、お時間があれば、隅々までご覧ください。


<<< 前の記事
しばざ記 No.1934
次の記事 >>>

しばざ記(最新インデックス) しばざ記(INDEX-39)  しばざ記・ブログ版  俺たちのHP(パート2)








皆様、いつもお世話になっております。
新鮮野菜や惣菜、お弁当、パン、コーヒーと、美味しいものがたくさんのベイタウン朝市。
次回の開催は、6月17日 土曜日です。
今回のお楽しみはかき氷1杯プレゼント!!
たくさんご用意いたしますが、数に限りがありますので、お早目にお越しください。
9時頃からご提供いたします。(200杯の予定)
また前回好評だった朝市ミュージックライブを今回も開催いたします。
朝から13時終了まで楽しくて、楽しくてたまらないベイタウン朝市をどうぞご期待ください。

詳しくは以下をご覧ください。
http://www.baytown-mall.com/event/2017/asaichi-0617.htm

内容が変更になる場合もございます。



- ライブステージのスケジュール -
(1) 9:45〜 さんしんJIRO、勝山圭子 and まいちゃ  ゲスト: 清郎
(2) 10:45〜 高橋亜弓美 and 大野木 努
 * ライブは雨天中止になります。

▲このページの先頭へ






第8回 ベイタウン・カルチャー&ライフ・キャラバンは、ジュニアヨット体験会はじめてのYOGA体験です。

オリンピックの正式種目でもあるセーリングは幅広い年齢層が楽しめるスポーツです。とかくヨットは、「お金がかかる」「経験者でないと」「危険が伴う」というイメージだけで 敬遠されがちではありますが、せっかく海の近くに住んでいるのだから、やってみましょうよ。この機会に是非体験してみてください。
稲毛ヨットハーバーを本拠地とする ヨットクラブ「千葉ヨットビルダーズクラブ」のご協力をいただき、親子でヨットを体験し、ベイサイドでの生活を満喫しましょう。

開催日時  6月25日(日曜日) 9:30〜14:30 (受付け開始 : 9時20分)

その他詳細は以下をご覧ください。
ベイタウンぱれっと・オフィシャルページ= http://www.oretachi.jp/palette/

▲このページの先頭へ







幕張の都市の魅力、そして海と畑と、周囲の豊かな自然を満喫し、文化や情報と共有しましょう。誰でも講師。ご参加は自由。もちろん仲間になるのは無料です。各種講座、料理教室やミニコンサートのイベントを毎月開催する予定です。
ベイタウンぱれっと 代表 佐藤ともこ
ベイタウンぱれっと・オフィシャルページ= http://www.oretachi.jp/palette/

▲このページの先頭へ






茂野製麺の新商品は、食塩を使わない「そうめん」、「うどん」、石臼挽きの常陸秋そば粉を使った「贅沢ざるそば」の3品。いずれも原料と製法にこだわり、高級そば店で食べるような贅沢な味です。上の写真は「贅沢ざるそば」の調理例。右はパッケージ。是非ご愛顧ください。
同社の「しげのオンラインショップ」は、そば(日本そば)、うどん、ラーメンなど、豊富な品揃えの千葉県鎌ケ谷市、茂野製麺株式会社のサイトです。ご贈答などの組み合わせも自由なセットもあります。
茂野製麺は千葉を代表する「食」の企業。その発信力は全国区であり、世界にも名を轟かせています。
ベイタウンラーメン」の製造元でもお馴染みです。

http://www.shigeno.co.jp/

▲このページの先頭へ




毎度、「しばざ記」にお越しくださいましてありがとうございます。
何のお役にも立たないツマラナイ内容ですが、お時間があれば、隅々までご覧ください。


2017/6/4〜6
しばざ記 1934-HP版
■ 最新の「しばざ記」はブログ版をご覧ください。
■ ご意見などは、メールにて。
■ HOME ← しばざ記 トップページ

<<< 前の記事
次の記事 >>>
神田まつや オフィシャルサイト 茂野麺紀行 俺達のホームページ・パート2