俺達のホームページトップへ Oretachi Flash Vol.383
俺達フラッシュ
400 強盗事件発生
399 ポーセラーツ
398 優勝パレード in Baytown
397 マリーンズが日本一!
396 アート&ミュージック フェス
395 美浜アートフェスタ
394 ハロウィンパーティー
393 ロッテCS優勝!
392 ベイタウン朝市(第3回)
391 千葉国体開会式
390 まるごみ2010
389 海浜デッキ着工
388 森本ベイタウン郵便局長
387 早坂卓写真展
386 ベイタウン夏祭り 2010
385 パルプラザ夏まつり
364 エステシティ夏まつり
383 第一回 幕張音楽祭
382 ベイタウン朝市(第2回)
381 ポーラ・ザ・ビューティー
[次の20件>>>]
[<<<前の20件]


鎌ヶ谷のそば「茂野製麺」のオンラインショップ
ベイタウン・ペット・クリニック
自家焙煎の「蔵」です!
佐藤明雄の英会話塾(Sunny's English Square)
小高屋商会(おだかやしょうかい) 自動車修理・車検など
ドリームチャンキー


俺達フラッシュは、このページに掲載のスポンサー様などのご厚意により運営・管理しております。
また、当ページはエネスタ検見川(温調ライフ株式会社)様のサーバースペースを使わせて頂いております。/俺達のホームページ



俺達のホームページ >> 俺達フラッシュ >> index-20 >> File No.383




2010年7月31日(土曜日) 海浜幕張駅前広場にて開催
第一回 幕張音楽祭


2010年7月31日(土)、JR海浜幕張駅前の広場にて幕張音楽祭が開催された。主催は幕張賑わいづくり研究会、主な運営は幕張ベイタウン商店会が担当した。そして、出演したのは地元を中心に活躍するアマチュアバンドや、インディーズのバンドなど、12チーム。加えて、Made in Chiba Bound for Summer Sonicの昨年優勝の「Risk」と、今年優勝の「唱頂の大員」の2チーム。

開催の主旨は、幕張新都心、及び近隣の活性化、海浜幕張駅前広場の有効利用、音楽によるコミュニケーション、そして、国内最大級の音楽の祭典「サマーソニック」の告知媒体としても機能しようということである。

当日は、たいへん暑い中、たくさんの人にご来場頂き、まずまず盛況だった。ケーブルテレビ千葉や、千葉テレビの取材もあった。この辺特有の強い風も無かった。音の問題で苦情を言う方もいなかった。拠って、木谷実行委員長(写真・右上)は「大成功!」とおっしゃった。企画から半年以上も経って、やっと実現したイベント。苦労が報われた瞬間である。

開催のにはたくさんの方々の尽力があった。協賛金も頂戴した。茂野製麺様、続いてJR海浜幕張駅様、更に京葉学院様と、出資してくださった。また、出演者もバンドごとに3千円のエントリー費を出し合い、開催に向けての固い決意を表明してくれた。開催間際の7月後半になって、真砂の森整形外科クリニック様もスポンサーになってくださった。とても有り難いことである。その段階で開催はほぼ確実なものとなった。ステージの背景の横断幕はセイコーインスツル様が寄付してくださった。

スポンサーの方々には心から感謝いたします。有難うございました。スタッフの皆様、出演者の皆様、お疲れさまでした。
(幕張音楽祭実行委員会一同)

2010.8.3
幕張音楽祭実行委員 企画担当:柴崎 隆



会場(観客席)の風景
この(左の写真)ように木陰があって、なかなかいい雰囲気で聴いて頂いた。暑かったけれど、雲が多く、直射日光があまり無かったのも幸いした。お客さんは常時80名〜100名くらいはいたと思う。バンドの仲間達、関係者も数十名いるので、そもそも盛況。もちろん、通りすがりのお客さんもたくさん寄って頂いた。
白いプラスチックの椅子は幕張ベイタウン自治会連合会から50脚お借りした。立ち見のお客さんもたくさんいた。警備計画とイベント保険もだいたいそのくらいを想定していた。なかなか読みが良かったということになる。当初の計画では有名バンドをゲストに迎えて、ということで、ピークで200名を超えるのを想定していたので、警備などが大変だと思っていたが、計画変更になり、少人数でも対処できたのは不幸中(?)の幸いだった。予算不足で断腸の思いでキャンセルした(たいへん申し訳ございませんでした!)芳野藤丸&SHOGUN STYLEの皆さんを来年こそお呼びしたいと思う。えちうらさんもよろしくお願いします。(文 柴崎 隆)
写真: ちばコンベンションビューロー 古谷部長









出演バンド一覧(プロフィール)

[1] RISK  ---11:05〜11:30(第2会場)
昨年度(2009年度)、Bound For Summer Sonic 優勝バンド。シルキーでウォーム、それでいてしっかりとしたセクシーさを有した恭嗣の歌声と、切り込むように煽るように飛び交うDaisakuによるラップと 歌の異種間交配種=RisK。 去年に引き続き千葉の大先輩方のおかげで、サマソニ2010に携われる事を大変光栄に思います。空前の大イベントを前に、胸を高鳴らせているお客様達をウェルカム千葉!
ウェルカムサマソニ!と暖かく迎え入れることが出来るように精一杯Playしたいと思います!


[2] eLSKETCHER(エルスケッチャー)   --- 11:35〜12:05
2008年結成。
SWORD MUSIC主催GRATEFUL LIVEにて人気投票2年連続上位入賞。人気投票上位5組で行われるFIVE-S-WORDSに2年連続出演、大手芸能プロダクションから高評価を得る。


[3] 渡辺ヒロコ  --- 12:10〜12:35(第2会場)
ピアノ弾き語りで全国で活動中。NHK教育2001年度「天才てれびくん」オープニングソング「夢をつかんで」でメジャーデビュー。キャッチーなメロディの上にパツンと天に昇るHAPPY VOICE。
天国系ピアノポップロックの真髄ここにあり♪


[4] JOE (ex BUBROOZE)  --- 12:40〜13:10
おやじ系ビジュアルバンド「BUBROOZE」(バブローゼ)のリーダーでリードギターのJOEと、萬田久子のファンである’ちんたマン’のコンビでお届けする。ヘビーだけどメロディアスな曲をいつもやっている。今回はデュオで出演なので軽めな曲で。インスト1曲あり。バンド名は、バブルの時代に思いを馳せ「もう一度バブろうぜ!」というところに由来する。

[5] Sonido del Viento  --- 13:15〜14:40(第2会場)
バンド名の『Sonido del Viento』(ソニード デル ビエント)はスペイン語で『風の音』。南米の笛ケーナを始め各国の笛を操るMarinとキーボード兼作曲担当の山本さとみの二人によるアンサンブルユニット。
‘心に響くサウンド'をコンセプトに2006年結成。以後、全国で活躍。


[6] Chisato CCB  --- 13:45〜14:15
カルメンマキ&OZの楽曲をメインに活動する幕張界隈のロックバンドの雄。パワフルなChisatoのボーカルは秀逸。数年前からテレビのおやじバンドコンテストでグランプリをはじめとした上位入賞の実績があり、実力・人気ともども供えた最強バンドだ。

[7] A for Real  --- 14:20〜14:45(第2会場)
庄司みずきと杉山直生のデュオ。毎週金曜日を軸に、都内近郊でストリートライブや公共スペースでのイベントで活動。オールオリジナル曲。遊び心とオリジナリティを追求している。奇抜なサウンドとパワフルなパフォーマンスで、会場が一体となるライブを心がけている。

[8] Tackey & ベイタウン中年バンド  --- 15:00〜15:30
2000年から10年間活動している地元幕張ベイタウンのアマチュアロックバンド。
卓越した演奏テクニックと、パワフルなタッキーのボーカルが自慢。最近のレパートリーとしてはAORが中心。


[9] 幕張ケリー  --- 15:45〜16:15
ケリー(キーボード&ボーカル)を中心としたトリオ。ベイタウン中年バンドから派生する。長年に渡りクラシックのピアノを弾いていたケリーのセンスあるプレイに注目。当初は洋モノをレパートリーとしていたが、歌詞が覚えられなくなり、それが全ての原因ではないけれど、最近は殆どがちょっと古めの歌謡曲路線。歌謡曲って、いいっすよね!
メンバーのケリー、おじちゃんは幕張音楽祭の企画者でもある。


[10] クウセツ  --- 16:30〜17:00
インストでセッション系の音楽を約10年にわたり続けている。フュージョンや都会的なエレクトリックジャズのジャンル。とてつもないテクニックの実力派。絶対にお聴き逃しなく。

[11] 唱頂の大員(しょうちょうのたいいん)  --- 17:15〜17:45
2010年のBound For SummerSonicの優勝バンド。1994年、千葉北高等学校で出会い結成。2002年、現ドラムの鈴木学成が加入。2005年、自主レーベルを立ち上げ、1stミニアルバム「音を持って外へ」リリース。2007年、地元千葉ロッテマリーンズの応援バンドとして試合後にマリンスタジアムで定期的にライブ。東京大学「五月祭」のテーマソング制作。全国のロッテリアで曲が流れる。2008年、2ndミニアルバム「7」リリース。地元千葉ルックでのワンマンはソールドアウト。以降、各方面で大活躍。

[12] Blue Color Union  --- 18:00〜18:30
地元幕張で最もアクティブなユニット。ライターでもあるNackyの創るオリジナルを中心としたノリの良いサウンド。常に新しいことにチャレンジ。各方面からオファー続出。

[13] PaPaBAND  --- 18:45〜19:15
検見川浜、幕張という千葉市美浜区を拠点として活動するアマチュアロックバンド。70年代から80年代のロックが得意。元々幼稚園のパパ同士で結成したのがきっかけで、そのままバンド名になっている。ビートルズやクルプトンは必聴。

[14] 安田則之&ガラクタジェネレーション  --- 19:30〜20:00
2007年6月に安井則之を中心に千葉で結成。千葉ルックを中心にライブ活動を繰り返し2010年6月に初音源「GARAKUTA FIRST GENERATIONS」をリリース。5人の織り成す痛快で切なるロックをご覧あれ! ギタリストは今回の幕張音楽祭でディレクターを務める田中アキラ氏。彼は毎年5月に千葉市中央公園で開催される「食楽ICHIBA」の主催者でもあり、多方面で活躍している。




幕張音楽祭 2010(海浜幕張駅前イベント)---概要

イベント名称 幕張音楽祭 2010
主な内容 音楽ライブ(野外)
・音楽ライブへの出演は地元のアマチュアバンドが中心、プロも参加
(全14バンド)
・地元名物の物産店を出店
・サマーソニック2010のPR活動
主催 幕張新都心賑わいづくり研究会
共催 幕張ベイタウン商店会
協賛 茂野製麺、JR海浜幕張駅、京葉学院、森整形外科クリニック、セイコー・インスツル(株)  敬称略
開催主旨 地元の音楽振興(幕張地区の活性化)
幕張からの文化・情報発信の場
サマソニ前夜祭のプレイベント
会場 海浜幕張南口 駅前広場
三井アウトレットモール2階常設ステージ
開催予定日 2010年7月31日 土曜日
開催時間 11:00〜20:00
準備はその前後1〜3時間
実行委員役員 木谷和夫(実行委員長)、山根治仁(副実行委員長)、
竹見茂雄(事務局長)、柴崎隆(プランナー・プロデューサー)、田中章(ディレクター・MC)、水谷圭子(アシスタントディレクター・MC)、高山忠士(コーディネーター)、山崎和夫(会計)、その他

幕張音楽祭オフィシャルページ
http://www.oretachi.jp/event10/makuhari-music-festa-10.htm


幕張音楽祭公式プログラム

A5版・4ページ、1色刷り、制作部数約3千部
制作・編集:ベイ・ドリーム・ファクトリー  イラスト:Kelly
前日、ベイタウン近隣地域や、当日配布しました。
また、千葉コンベンション・ビューロー様、千葉県経済政策課様にも印刷を手伝って頂きました。

▲このページのトップへ



ハートを感じる演奏がたくさん
幕張音楽祭リポート

第一回幕張音楽祭は、たくさんの方のご協力のもと、盛大に開催することが出来ました。スタッフの皆様、出演者の皆様、本当にありがとうございました。また、暑い中、声援を送って見守って下さったご来場の皆様に、心から御礼を申し上げます。

さて、この日は朝から大変な蒸し暑さでした。ただそこにいるだけで汗がじわっとにじみ出る中、スタッフ総出で音響の準備から取りかかりました。そこにはまるで学園祭のような活気があり、楽しさがあり、緊張感があり、始まる前から気持ちが高揚しているのがわかりました。そしてその高揚した気持ちは、バンドの演奏の開始ともに一層盛り上がり、拍手と大声援へと変わりました。

出演されたバンドはどのバンドも素晴らしいパフォーマンスでお客様を魅了してくれました。演奏技術にこだわるだけでなく、ハートを感じる演奏がたくさんあったことが、何よりも感動しました。会場では幕張名物の「芋ワッサン」と「昆陽」(こんよう)の販売もありました。こちらも大人気で、美味しい美味しいという声があちらこちらから聞こえてきました。

私もスタッフとしていたらない点ばかりで、関係者の皆様にはご迷惑をおかけすることもありましたが、これからの幕張の賑わいのために今日までの経験を活かしていきたいと思います。最後に、こんなに楽しい最高の夏のイベントに深く関われたことを心から感謝いたします。

2010.8.3 Kelly







「写真集」を作成中で少々お待ちください。
上の写真はkellyさんが撮影。

▲このページのトップへ



皆様、お疲れさまでした
幕張音楽祭リポート(2)

7月31日 幕張音楽祭ありがとうございました☆
おつかれ様でした☆

朝早くからの集合 会場作り それ以前からの音楽祭を盛り上げようと、度重なる打ち合わせや企画。第1回目ともあり、とても大変だったと思います。

主催者の皆様や、出演者の皆様、関係者の皆様のおかげでとても楽しいイベントをおくる事ができました。本当にありがとうございます。

皆さんとても優しくて、心使いも素敵で、会場の居心地や雰囲気もとても良かったです。心よりお礼を申し上げます☆

ファンの方も一番遠い人で平塚の方から来てくださった方もいたのですが、楽しんでいただけたようです。(^-^)
今後、このイベントがどんどん続いてゆけるように、お手伝いしたいと思います。

ありがとうございます!!

2010.8.4
A for Real 庄司みずき

▲このページのトップへ



良い出会いがありました!
幕張音楽祭リポート(3)

渡辺ヒロコです。
先日は大変お世話になり
本当にありがとうございましたm__m

みなさんとお酒飲んで、音奏でて、
最高でした^^!!!!!

初めて幕張に行きましてが
なんだか初めて来たような感じがしませんでした。

とても温かい方が多く、
地元仙台によく似てます^^

それから、ご報告があります。
唱頂の大員のドラマーさんがとても私の探していたタイプのドラマーだったので、声をかけさけていただいたところ、サポートしていただけることになりました!

9/12(日)の仙台ジャズフェス(私はポップスですが~~;)
自分たちのステージのほかに
フィナーレステージゲスト出演が決まり、
今年は80万人の聴衆見込みなので
かなり気合い入ります!
http://www.j-streetjazz.com/

ピアノロックでガツガツやってきます!
唱頂の大員の宣伝もしようと思っているので
なんだかお互いにいい機会が持てた気がします。

この出会いも幕張音楽祭、そしてスタッフの方々のおかげです。
ありがとうございます。

ではでは、今後とも宜しくお願いいたします。

2010.8.5

▲このページのトップへ



大成功だと思う
幕張音楽祭リポート(4)

幕張音楽祭としての意義について
「地域活性化」という大義名分の元においては、第1回目としては充分以上の成果と思われる。「サマソニプレイベント」という面では、そこに意義を見出すことがなかなか難しいのだが、昨年と今年の地元ワク優勝バンドが出演したことで、盛り上がり感を演出できたかと思われる。
“音楽を通じて地域を活性化したい”という志と目的は、形にしにくく効果測定も難しいので、数々の障害と試行錯誤の中でイベントを開催できただけでも大成功だと考える。

問題点は多々あるものの・・・
実績として残していくためにも、地域が老化したりしないためにも、(来年以降も)絶対に続けるべきと考える。問題点はあるが、それをひとつずつ解決して、素晴らしいイベントに発展していくことを望みたい。様々な困難があると思うが、「光の祭典」のようにはなってほしくない。

以上、抜粋

>>>もっと詳しく見る

2010.8.6 Blue Color Union代表・廣沢夏輝

▲このページのトップへ








リンク(スポンサー様)

茂野製麺株式会社
http://www.shigeno.co.jp/

JR東日本(東日本旅客鉄道株式会社)
http://www.jreast.co.jp/

株式会社京葉学院
http://www.keiyo-gakuin.co.jp/

森整形外科クリニック
http://www.mori-seikeigeka.com/

セイコーインスツル株式会社
http://www.sii.co.jp/

幕張ベイタウン商店会
http://www.baytown-mall.com/baytown-mall/index.php



▲このページのトップへ



JCN千葉(ケーブルテレビ)で
幕張音楽祭の様子が放映されました


取材担当の水江さん、取材、インタビュー、撮影、etcをたったお一人でこなされてました。お疲れさまです。有難うございました。

JCN千葉 http://www.cnc.co.jp/

▲このページのトップへ




俺達フラッシュインデックスページ(INDEX 20)


前のページ 次のページ








ケージに入れずにお預かりする新しいタイプのペットホテルです!!
只今、無料体験入園実施中。詳しくはお電話で!
ベイタウン・ペットクリニック  PRODUCED BY WORLD PET CORPORATION




ベイタウンおもしろWEBマガジン「俺達のホームページ」
俺達フラッシュへのメールはこちらです