>>> Oretachi's HP Makuhari Oretachi Flash Vol.188
俺達フラッシュ
NUMBER
俺達フラッシュ インデックス
200 フジ子ヘミング版画展
199 バレンタインの出陣式
198 愛犬のしつけ
197 インターネット安全教室
196 昼下がりのミニライブ
195 ROCK CORE 2006
194 富士山合同撮影会
193 ベイタウン・レーベル
192 グリーンベルト
191 エリストのオブジェ
190 たまりのコンサート
189 サヴィニャック展
188 煮干ラーメンはうまい!
187 ビーグルハット新作
186 ベイタウン商店会福引
185 ビートルズ展 続々報
184 打瀬ベイバスターズ
183 星あゆみ 個展
182 国際千葉駅伝2005
181 ロッテ選手で誰が好き?
[次の20件>>>]
[<<<前の20件]

北海道産の大納言を使った永平寺のゴマ豆腐ぜんざいに、茂野の蕎麦をセットにしたお歳暮はいかがでしょう?

手折りめん自由詰合せ

鎌ヶ谷のそば「茂野製麺」のオンラインショップ
自分で作るおもしろブック
エネスタ検見川
ベイタウン・ペットクリニック

俺達フラッシュは、このページに掲載のスポンサー様などのご厚意により運営・管理しております。
また、当ページはエネスタ検見川(温調ライフ株式会社)様のサーバースペースを使わせて頂いております。/俺達のホームページ


ベイタウンおもしろWEBマガジン「俺達のホームページ」
俺達HP管理人宛メール

俺達フラッシュ・インデックスページへGO!

茂野の新作・煮干ラーメンを試食する!

ラーメン好きの俺が最近 家で食べたラーメンの中で、一番強烈なインパクトがあったのが、これ。茂野の「煮干ラーメン」。まじめにうまい!おそれいった!

ヤラセじゃなくて、まじでうまいラーメン

まずは関係ない話から。
俺達のホームページは、サーバーの容量が溢れてしまっていて、最近は、エネスタさんや、おもしろブックさん、茂野製麺さんなどに協力してもらっている。だからといって、スポンサーさんをヨイショするのは、俺達流ではない。特に食い物系は嘘をつけない。マズイものをうまいと言わないのが俺達なのだ。

茂野製麺さんとは、もう2年半くらいのお付き合いになる。製麺の企業さんって、俺達とはまったく接点が無い筈なんだけど、でも、運命の出会いというか、知り合いになってしまうのである。で、単に知り合うだけだったら、そこからあまり発展性は無いのに、相当、べったりとした関係になってしまった。(あ、決して癒着とかそういうのではありません。)

べったりと言っても茂野さんからは俺達HPを運営してゆく為の必要経費を出して頂く(つまりスポンサーさん)という本当はドライな関係なのだが、実は俺達HPのスタッフの約2名が、茂野製の「そば」にめちゃくちゃ惚れてしまったのである。忘れもしない2年半くらい前に初めて茂野さんを訪問した際にお土産に貰った「手折りそば」が美味しくて、それから、我々も茂野のユーザーになってしまったというわけだ。

茂野(以下敬称略)のそばは、第一にコシがある。麺でコシが無いのは最悪だ。それから、テレビCMでやたらと「つるつる」と言ってるくらい本当にツルツルっとしている。つまり喉越しがいいのである。なんか「ツルツルしこしこ」なんて書くと、ヤラセっぽいかもしれないけど、マジで言い切れるので、嘘だと思ったらイナハマショップの中にあるアームズ(スーパー)で味川柳ざるそばを買って試してほしい。(まずくても代金を俺が保障はいたしません。)

そう、このページのこの記事だって、茂野側から頼まれて作ってるのではない。煮干ラーメンがあまりにもうまかったので、書いている。いや、書かずにはいられなかったのである。少しでも多くの方々に茂野の煮干ラーメンを知ってもらいたいという気持ちで書いている。

トンコツには飽きた!?

これからの季節(今は12月)は、ラーメンがうまい。冬になると、ちょっとコテコテしたタイプが食べたくなる。かつては背脂がたっぷり入って、スープがぎとぎとするくらいのトンコツ系が好きだった。世間も博多系、横浜の家系に代表されるように、トンコツがブームだったような気がする。私も確かにコテコテ、ギトギトのラーメンが好きだった。「だった」というのは、最近あまり食べなくなったからだ。せいぜい、担々麺かな。担々麺もどちらかと言えばこってりしている。でも、トンコツのようにギトギトはしていない。

一番最近食べた担々麺はバーミヤン。値段の安い割りにはかなりうまかった。担々麺の美味しいと評判のお店などで食べると、1000円くらいの金額になってしまう。手間隙かけて作っているからなのだろうけど、どんなにうまくてもラーメンが1000円するなんて、絶対に許せない。できれば500円〜650円くらいの範囲で食べたい。そこゆくと、バーミヤンのスタンダードなラーメンは380円。ありがたい。しかも、うまい。サイゼリアのミラノ風ドリアの380円も泣かせるが、バーミヤンも侮れない。

茂野の担々麺は、105円(税込み)。これで本格的な味が楽しめる。とんこつ風と書いてあるとおり、トンコツスープと辛子味噌の絶妙なバランスがいい。麺もしっかりとしたコシがあり、チゲ鍋みたいにして食べても麺がぐったりしなくていい。この担々麺には相当ハマった。一度に20個くらい買って、定期的に食べていた。家族の評判も上々。

煮干の出汁が効いた濃厚なスープ

前置きがだいぶ長くなってしまった。そろそろ煮干ラーメンの話。そういうわけで、トンコツからすっかり担々麺にシフトし、さらに醤油ラーメンにシフトしつつある私は、都内のワリと人気のある煮干で出汁をとるラーメン屋さんに行った。評判どおりうまかった。でも、確かに煮干かもしれないけど、他の味(たぶん鳥ガラだと思う)のほうが強くて、それほど煮干を感じなかった。それでも、醤油ラーメンが今の私には一番うまく感じる。きっと年齢的なものも相当作用しているのかもしれない。

暫くして、そろそろまた醤油ラーメンが食べたくなった頃、茂野の商品カタログを入手した。季刊誌とカタログが合体した「つるつる」という8ページの冊子だ。ここに、煮干ラーメンという商品があった。茂野の商品にはかなり精通している私なのに、この煮干ラーメンの認識が無かった。それもそのはずで、新製品だったからだ。他にも、「もちもちとしたうどん」や、「釜あげ太うどん」、「でわかおりそば」、「スパどん」などの新作が掲載されていた。

私が茂野と出会った頃にもたくさんの商品があったのだが、しかし、このわずか半年足らずで、新商品が続々と追加されているのにはかなり驚いた。かなりのエネルギーを注いでいるに違いない。茂野の底力を見たような気がした。それに、私が今一番欲している煮干ラーメンを加えたということは、マインドがどこか通じているようなそんな気持ちになった。よっしゃ、早速味見して、レポートを書こう、と意を決した。

さて、そういうわけで、つい先日、やっと意中の人を射止めたような雰囲気で、煮干ラーメンを持って帰宅し、早速、鍋に水を入れ、そして煮立つまでの間、袋の裏面に書いてある調理の仕方などを眺めていた。いや、別にたいしたことが書いてあるわけではない。煮立ったお湯の中に麺を入れ、4〜5分茹でる。どんぶりにスープを入れ、お湯を注ぐ、そしてそこによく湯切りをした麺を入れるだけのことだ。

一般に言われる即席ラーメンと決定的に違うのは、湯でこぼし不要の即席ラーメンに対して、湯切りをしなきゃならない、という余計な作業があることだ。それに、茹で上がりも即席ラーメンの3分に対して、4〜5分いう時間を要する。つまり、ほんの僅かな時間だけど、即席から比べると仕上がりまでの行程が長いし、面倒だし、ということになる。

しかし、この面倒さのお陰でかなり美味しいのである。即席麺は麺の茹で上がりが早い。なぜかといえば、アルファ化しているからである。即席麺、すなわちインスタントラーメンの殆どがアルファ化させてある。アルファ化とは何か、というと専門家じゃなので、はっきりと答えられないけど、アルファ米のように、煮炊きせず、お湯を注ぐだけで柔らかくなるもので、カップ麺がまさにそれである。手間隙要らずで、便利な反面、コシが無い。慌しいときにはまことにありがたいけど、でも美味しさを求めるならば、即席麺よりは乾麺を選びたい。

と、だらだら喋っているうちに、麺が茹で上がった。タイミングよくヤカンもピーピー鳴っている。湯切りをして、そして、つゆの入ったどんぶりに移す。と、その前に特筆しておきたいことがある。液体スープの封を開けた途端になんとも言えない煮干しの香りがぷーんと漂った。そう、はっきりと分かるほど個性的な匂いだ。しかし、決して嫌になってしまうほど魚臭くはない。食欲をそそる香りである。

これは相当期待できる。スープは色もどちらかと言えばばどす黒い。関西系の方は、うわ〜、味が濃そうと、思われるかもしれない。が、実際に味見したところ、イケル。味が濃かったら、薄めにすればよい。とにかく、煮干しのいい味が広がる。煮干しは一般にも出汁に使われるのだけれど、長く入れていると苦くなったりして、本来の旨みが台無しになってしまうこともある。しかし、この茂野の技術はたいしたもんで、ちょうどよい、というよりは、煮干しの風味を最大限に出して、かつ嫌味が全然無い。これはクセになる味だ。

この濃厚な煮干しのスープに上品なストレートの麺を絡ませて食べてみる。うまい。うますぎる!!

この茂野の煮干しラーメンは、茂野のホームページで購入することができる。1つ105円(税込み)というリーズナブルな価格である。ネット上だと8ケ入りのセットからだが、お近くの方は、直売所で購入することで、1個から購入できる。是非、一度お試しあれ。


ところで、茂野製麺から、こんなユニークなものも発売になった。昔、喫茶店でよく食べた「ナポリタン」の味だ。しかし、単なるスパゲティでなく、麺は、もちもちっとした感じ。結構イケる。

2005/12/10
このページのトップへ

右のロゴをクリックすると俺達フラッシュのトップページへジャンプします。