ベイタウン商店会主催のベイタウン夏祭りが去る8月28日(土)に開催された。連日の猛暑で、夏ばて気味のスタッフ(商店主達)は、この日のためにたいへんな苦労をして準備していた。ベイタウンの人口増加に伴って、毎年徐々に来場者数も増えている。プロムナードは歩くのも容易ではないほど混雑していた。主催者側にとって嬉しい悲鳴だ。

今年は、模擬店の数も一段と多かったし、また、パフォーマーの数も多かった。ステージは、例年のように音楽ステージ(ベイタウン・ジャズ・ストリート)に加え、大道芸などをメインとしたパフォーマンス・ステージを2つ用意した。更に、従来の盆踊り会場と併せて4つのステージに同時に様々なアーティスト達が出演した。

音楽ステージの出演者は、幕張ケリー、The Beers、海江田トリオ、ガラクタ・ジェネレーションズ、玉城ちはる(写真右)、ベイサイド・パラダイス。開会前にはチアリーダーによるパフォーマンスもあった。

このステージには初の登場となった玉城ちはるさんは、ベイタウンがこれほどまでに凄い街で、これほどまでにベイタウン夏祭りが盛り上がっているのは想像もつかなかったと、とても感心されていた。やはり同じく初登場のベイサイド・パラダイスも、ステージとお客さんの一体感があって、たいへん喜ばれていた。

盆踊り会場のステージには、千葉ロッテマリーンズのキャラクターショーや、ダンススケッチ、フラダンス、打瀬中学校の吹奏楽部などが出演した。どのステージも多くのギャラリーで賑わった。

また、9月に開催される千葉国体のプロモーションのためにやってきたチーバくんが人気を博していた。

毎年どんどん規模が拡大し、予算のことや、人員のことで頭の痛いことばかりだが、それでも多くの皆様が楽しみにされていることを思えば、是非、来年も頑張って開催する方向で考えたいと、ベイタウン商店会長の山根さんは力強く語っていた。

なお、開催には多くの方々の尽力があってのことで、ご協力頂いた方々へ心より感謝申し上げる次第です。特に、パンフに協賛してくださった三井プレデンシャル様(読売広告様)、スタッフとして多大なお力をお貸しくださった京葉学院様、たいへん有難うございました。(ベイタウン夏祭り主催者一同)

2010.8.30 Zaki



  ベイタウン夏祭り 2010 ダイジェスト(写真集)

今年も楽しい思い出がたくさん出来ました。
写真:Kelly、Zaki、etc.


上: オービック・シーガルズ(アメフトのチーム)のチアリーダーによるパフォーマンスです。
ジャズステージのオープニングにふさわしい元気いっぱいなステージでした。




左: 会場の至るところで笑顔があふれていました。
今年は、ジャズステージのほかに、ストリートのステージを2つ設置。大道芸のパフォーマンスをたくさんやって頂きました。


以下、ベイタウン・ジャズ・ストリート2010のステージの様子です。


上: ベイタウン・ジャズ・ステージの最初に出演は、このところ色々なところでライブをやっている「幕張ケリー」。
ジャンルは懐かし系の歌謡曲がメインですが、これらの曲の流行っていた頃に青春時代を過ごされた方には涙ものじゃないでしょうか。インストナンバーの情熱大陸もなかなか。パーカスが欲しいところです。


上: 昨年に引き続き出演して頂いた「The Beers」。演奏ももちろん、衣装もばっちり。ビートルズのヒットメドレーです。


上: 毎年出演してくれているKID氏が率いる海江田トリオ。本格的なフォービートのサウンドだ。
彼らが出演することを毎年楽しみにされている方々も多い。


上: 幕張音楽祭にも出演した安井則之とガラクタジェネレーション。シンプルな楽曲と、心にダイレクトに響く歌詞が売り。
ギターの田中アキラ氏は、幕張音楽祭のスタッフでもあり、また、千葉中央公園で開催されている食楽ICHIBAなどのイベントを主催したり、千葉市商工会議所でも活躍されている。


上: とても心温まるステージだった玉城ちはるさん。ベイタウンをとても気に入ってくださいました。
楽器構成はご覧のとおり、キーボードとパーカッション。


上: 今年の目玉。稲毛や真砂などを中心として幅広い活動をしているベイサイド・パラダイス。迫力のステージで、たくさんのオーディエンスがビッグバンドジャズの醍醐味を堪能しました。

▲このページの先頭へ



  主な出演者(プロフィール)一覧


玉城ちはる (たまきちはる)
広島県出身。CM楽曲提供をはじめ、映画・ドラマ音楽を手掛けるなど、様々な場面でシンガーソングライターとして活躍。04年10月に「ドレミでうたおう」(333DISCS)に菅大祐と参加する。同年、ドラマ「駄目ナリ!」(YTV)にレギュラー出演し、オープニングテーマ「overdose」の作詞とボーカルを勤め、DVDBOXでは 自身作詞作曲の「月の唄」がエンディング曲になる。05年7月にドイツの老舗レーベルkaraoke kalkより発売の「kalk seeds」に菅大祐の「xi-huan」のボーカルとして参加。06年5月ドラマ「春 君に届く」(YTV)ではピンホールカメラが挿入歌となり、同年6月には菅大祐とのユニット「Ulor」として参加したコンピレーションCD「Garaxie500#Fairy」が発売となる。2007年にプレナ幕張の「ミュージック・サロン」に出演。今回のベイタウン夏祭りを機に再び幕張と親密な関係になる可能性大。
http://chihachiharun.jugem.jp/


BAY SIDE PARADISE (ベイサイド・パラダイス)
千葉市稲毛区を拠点にコンサート・ライブ・夏祭り・等々の活動をしている。千葉市主催のベイサイドジャズにも出演している。合宿やイベントでは、プロミュージシャンの方々とセッションしたり、また直接指導を受けたりと楽しく練習に励んでいる。ベイタウン・ジャズ・ストリート(ベイタウン夏祭り)は初出演。今年は、4月3日の長柄さくらまつり「長柄なんでもマーケット」、4月24日の神田多町商店街イベント出演など多方面で活躍。
http://weiweb.web.fc2.com/toppage.htm


安井則之とガラクタジェネレーション
2007年6月に安井則之を中心に千葉で結成。千葉ルックを中心にライブ活動を繰り返し2010年6月に初音源「GARAKUTA FIRST GENERATIONS」をリリース。今年の7月31日に開催された第1回幕張音楽祭ではトリを務める。5人の織り成す痛快で切なるロックをご覧あれ!
ギターの田中アキラは、千葉市の中央公園で毎年開催されている食楽ICHIBAの主催者でもある。
安井則之ブログ:http://blog.livedoor.jp/nanashiboshi1968/

段海波(ダン カイハ)
中国雑技団出身。大道芸の各種コンテストなどで各賞を受賞する経歴を持つ。バドミントンラケットジャグリング(3〜6本)は日本では段海波ただ一人の技。5本以上は世界級。その他、リングジャグリング(5〜8枚)、ボールジャグリング(3〜7個)、デビルスティック(テニスラケットを使用)など多彩な芸で人気絶頂。

▲このページの先頭へ




  LINK


ベイタウン夏祭り関連情報

ベイタウン夏祭り 2010 告知ページ

有難うございました!  ベイタウン夏祭りリポート(俺達フラッシュ版)
2010.8.31作成  俺達のホームページ版

落し物をお預かりしております
2010.9.6 ギャラリーKIKI 山根

ベイタウン・モール・ドットコム(ベイタウン商店会)


ベイタウン夏祭り & ベイタウン・ジャズ・ストリート 過去の記録

ベイタウン夏祭り 2009 リポート    ベイタウン夏祭り 2008 リポート

ベイタウン夏祭り 2007 リポート    ベイタウン夏祭り 2006 リポート


ベイタウン夏祭り 最新情報


▲このページの先頭へ




ベイタウン・ミュージック・フェスタ ]   [俺達のホームページ]  [Mail