お陰さまで大盛況でした!

8月29日(土)、ベイタウン夏祭り2009が滞りなく無事終了いたしました。人出は昨年以上でしたので、おそらく3万人以上の来場者ではなかったでしょうか。模擬店の数も昨年よりも多く、またライブステージの出演者数も例年を上回っておりました。このイベントを総じて言えば、天候に恵まれ、事故もありませんでしたので、結果としては大成功だったと思います。翌日は台風の接近に伴い雨天となり、危ういところだでした。一方、膨大な来場者に対しての予算であるとかスタッフの人数、いわゆるキャパを鑑みると、至る所に不備がありました。あまりの人出に通行がし難く、動線を確保できなかったこと、盆踊り会場の騒音を指摘されたり、抽選会の進行のことなど、反省すべき点は多々ありました。次年度以降、そういう点を踏まえて、更によりよいお祭りにしてゆきたいと思います。ベイタウンの皆様、関係者の皆様の一層のご指導、ご鞭撻をお願い申し上げます。

プロムナードとバレンタイン通りの交差点で開催されたベイタウン・ジャズ・ストリートの評判は大変上々でした。特に同会場のトリを勤めてくれた井手麻理子さんを絶賛する声が多く、たくさんのメールも頂戴しました。また、こども神輿も奮闘していた。昨年よりも長い時間がんばって、こどもたちはへとへとになってしまったようです。参加されたお子様、親御さんへも御礼を申し上げたいと思います。わざわざご多忙の中をお越しくださいました熊谷市長様をはじめ、来賓の方々にも心から御礼申し上げます。

2009年9月2日
ベイタウン夏祭り2009実行委員スタッフ

▲このページの先頭へ



  ベイタウン夏祭り2009ダイジェスト(写真集)



左: 出番を待つこども神輿。昨年から登場し、好評を博している。
子ども達の面倒を見てくれるのは、チンタンタンの佐川社長。ご苦労様です。
右: 下準備に忙しい八百屋の看板おじさん。結構人気のある人なのだ。

左: プールの中で一日中ハッスルしていたドリーム・チャンキーの坂田店長。足がふやけてしまったらしい。
右: メニューを取り付けているところ。昨夜は徹夜だったとか。祭りも大変なのだ。


今年は例年4時スタートだったのを2時に繰り上げた。開催直後にはご覧の通り身動きできないほどの人が集まり出す。
写真は午後3時少し前のプロムナード。ピークは、まだまだこれから。


メイン会場の近辺に出展したチーバくん(千葉国体のマスコット)のブースは大変好評だった。しかし、チーバくんはあまりの人気で身動きができず。写真はちばコンベンションビューロー古谷課長様のご提供。
チーバくんは横から見ると千葉県の形をしています。


じゃんけん大会も熱い。千葉動物公園の風太君と一緒に抽選会。あまりの参加者の多さに人手不足のスタッフでは裁ききれず、ご迷惑をお掛けしたようです。写真はちばコンベンションビューロー古谷課長様のご提供。

左: じゃんけん大会にはチーバくんも手伝ってくれました。
右: こちらは恐竜博のマメローくん。かわいくて、かっこよくて、こどもたちの一番人気だった。
恐竜博は今月(9月)27日まで幕張メッセで開催中。

左: 熱い声援を受け、手話ダンス「マカローニ」のパフォーマンス。ベイバスターズ(打瀬地区・少年野球チーム)の面々も応援に駆けつける。
右: ビートルズのトリビュートバンド「The Beers」。バスドラのロゴもそれっぽい。


県内や都内のライブハウスで活躍しているだけあって、ベテランの域。息もぴったり合っていて、コーラスもばっちり。

左: The Beersの紅一点。キーボードが入ることで、レパートリーがグンと広がる。
右: ベイタウンのギターの名手、KAZ。しっとりした音色に癒される。夏の夕刻にマッチしている。
後に彼はベイタウン・ジャズ研究会のサポートとしても登場。


CROSS(クロス)が登場。今年の春のロックコア2009に出演しているので、ベイタウン内での演奏はこれで2度目。知名度はイマイチだが、実力があるので、たくさんの人が集まって熱心に聴いてくれた。キーボードはベイタウン中年バンド、くいしんぼトリオで人気のあるケリーちゃんが担当。一昨年、昨年とベイタウン・ジャズ・ストリートで演奏している。

尚、この組み合わせで、9月20日(日)、ミハマ・ニューポート・リゾートにてライブを開催する。入場無料。




神田外語大学の学生さんのベリーダンス。妖艶な雰囲気で観客を魅了する。お客さんもこの時刻になると段々増えてきた。幕張新都心にぎわいづくり研究会のメンバーも集まってくれた。
ダンサーは総勢18名。約30分のステージだった。
この下段の写真も古谷課長様よりご提供して頂いた。

左: 午後6時。全国最年少の市長、話題の熊谷千葉市長がご挨拶。風太君も一緒に登場。
熊谷市長はイケメンということもあり、お母さん方に大変な人気だった。
右: その後、ママ達が詰めよって、それぞれのお子様と一緒のツーショットを熱心に撮影していた。この写真も古谷課長撮影。




日がとっぷりと暮れて、幾分涼しくなってから登場したのはベイタウン・ジャズ研究会の面々。ベイタウン中年バンドのKIDがリーダーで、その他は元千葉大ジャズ研の面々。キーボードやトランペットは殆どプロと言っても過言ではない。
この時点でのオーディエンスはパノラマで撮った写真で判定すると既に500人くらいである。皆さん、ジャズの心地よい音色に酔いしれていた。

午後7時10分。本日のトリである井手麻理子と栗本修のステージが始まった。まずは栗本のソロ。ジャズのスタンダードナンバーを2曲披露。
栗本は今回でこのイベントは4度目。一昨年のクライド・ウィリアムズの名場面は語り草になっている。

そして井手麻理子が登場。ジャズ、ポップスなどを織り交ぜた楽しいステージ。もちろん大ヒット曲「There Must Be An Angel」も歌ってくれた。彼女がかつてリリースしたアナログのレコードジャケットを持参し駆けつけた方もいらっしゃった。

写真提供: ベイタウン夏祭り実行委員会(柴崎ほか)、古谷氏、鶴田氏

▲このページの先頭へ




  ベイタウン夏祭り2009ダイジェスト(ふれあい動物園)


ふれあい動物園は、島田動物園「ZOOKISS」(ズーキス)のご協力で開催いたしまた。こども達に、またお父さんもお母さん達にお非常に好評でした。意外でしたが、ヘビやイグアナなど、全然怖がらないものですね。(笑)






写真提供:原田輝俊氏

▲このページの先頭へ




  ベイタウン夏祭り2009ダイジェスト(盆踊り会場)


ベイタウンはご存知の通り、新しい街です。しかし、気がつけば街が誕生してもう10年以上も経っています。当然、ここで生まれて育ったこども達もたくさんいます。小さい頃にこの街に引っ越してきたこども達もいます。ここが彼らのふるさとです。毎年夏に開催されるベイタウン夏祭りの盆踊りは彼らにとって一生忘れられない良い思い出になることでしょう。





お子様の写真等で、大きめのものは顔が判別できないように加工しましたが、万が一問題があるようでしたらご連絡ください。(メール
写真提供:原田輝俊氏

▲このページの先頭へ




  パンフレット制作に関して(協賛企業・団体様)


ベイタウン夏祭り2009へのご協賛有難うございました!

ベイタウン夏祭り実行委員会は、今季の夏祭りに於いても例年通り、地元企業様、店舗様のご協力でプログラム(パンフレット)を制作しております。ご協賛金については、プログラム制作費、印刷費、一部運営費に充当しております。以下は協賛各社(店舗)です。有難うございました。

茂野製麺株式会社
千葉ロッテマリーンズ
パティオス19番街(野村不動産)
アクアテラス(三井不動産)
エミタス(三ツ矢タクシー)
ホテル・ザ・マンハッタン
東京ガスライフバル千葉
JR海浜幕張駅
平和交通
KUMON 海浜打瀬教室
ドリーム・チャンキー
三井のリハウス(幕張ベイタウン)
パティオス・デンタル・オフィス
プリンセス・フラワーズ

キッズ・インターナショナル(幕張)
ビ・ボーン・メッセ
吉川暗算珠算塾
アフラックサービスショップ海浜幕張店

(順不同)

*右はプログラムの仕上がりサンプルです。
*表紙の写真は井手麻理子さんです。




ベイタウン夏祭りプログラム(パンフ)制作スタッフ

企画:山根治仁、竹見茂雄   企画・制作:柴崎 隆
データ制作: プリントハウス(船橋市)   印刷:写真屋さん45(幕張ベイタウン)
広報協力:俺達のホームページ

原稿協力: 池上重宣(ベイタウン商店会監事)、飯島圭介(野村不動産)、ほか
配布協力: 本藤様、ほか

▲このページの先頭へ

  関連ページ


ベイタウン夏祭り2009のご案内(告知ページ)

ベイタウン夏祭り2009(俺達フラッシュ版)

リポート「BAYTOWN JAZZ STREET 2008」(昨年の様子です。)

ベイタウン夏祭り&ベイタウン・ジャズ・ストリート 最新情報

ベイタウン・ミュージック・フェスタ(ベイタウンの音楽情報サイト)

ベイタウン・モール・ドットコム(ベイタウン商店会)






俺達のホームページ